(出典 sekainoura.com)


そうか~がっか~い♪

1 砂漠のマスカレード ★ :2018/11/01(木) 12:38:19.42 ID:CAP_USER9.net

今年(2018年)7月19日に100歳で世を去った日本を代表する脚本家・橋本忍。

*作「羅生門」が黒澤明監督(1910~1998)によって1950年に映画化され、ヴェネチア国際映画祭でグランプリを受賞。
以来、「ゼロの焦点」(61年:野村芳太郎監督[1919~2005])、「日本のいちばん長い日」(67年:岡本喜八監督[1924~2005])、
「日本沈没」(73年:森谷司郎監督[1931~1984])、「砂の器」(74年:野村芳太郎監督)、「八甲田山」(77年:森谷司郎監督)、「八つ墓村」(77年:野村芳太郎監督)……と名作、ヒット作、枚挙にいとまがないとはこのこと。

だが、その追悼として、CS放送の日本映画チャンネルはなぜか「人間革命」(73年:舛田利雄監督[91])を選んだのだ――。

 ***

〈追悼・橋本忍 〈TV初〉「人間革命」 (原作)池田大作 本日よる9時~〉

朝日新聞のラテ欄に、妙に違和感のあるカラー広告が掲載されたのは10月27日朝刊だった。
CS放送ながら、映画「人間革命」が初めてテレビで放送されるというのである。それも、名作揃いの橋本忍の追悼番組として――。

当時、3億5000万円という破格の予算が組まれ、メガホンを取ったのは石原裕次郎(1934~1987)主演作品を多く監督し“日活の天皇”と呼ばれた舛田利雄。
音楽は「ゴジラ」の伊福部昭(1914~2006)。その「ゴジラ」などで特殊技術監督を務めた中野昭慶(83)は、この作品でも特技監督を務めている。
現代劇のハズだが、時代劇あり、SF(? )まである奇妙な映画。さらに、丹波哲郎(1922~2006)、芦田伸介(1917~1999)、新珠三千代(1930~2001)、
名古屋章(1930~2003)、黒沢年男(74)、渡哲也(76)、仲代達矢(85)……オールスターキャストで撮影された大作であり、
邦画配給収入は11億9000万円で年間第2位(73年)を記録した。ちなみに1位は同じ橋本脚本の「日本沈没」(配収16億4000万円)だ。

にもかかわらず、これまでテレビで一度も放送されなかったのはなぜか。

「*学会の映画だから、としか考えられないですね。
当時は言論出版妨害事件で池田大作会長(90)が謝罪(70年)してから、それほど時間もたっていません。
それに、学会が日蓮正宗から破門された今となっては、映画の中で、本山の大石寺に参る*学会会長の姿があるのは執行部にとっては不都合でしょうし。
もっとも、聖教新聞に連載されていた『新・人間革命』が今年9月に完結したばかりですから、“人間革命ロス”になっている末端の学会員はありがたがるかもしれないけど」(学会ウォッチャー)

原作者はいわずと知れた*学会の池田大作名誉会長で、映画は彼の師匠であり2代会長である戸田城聖を主人公に、戦時中から戦後にかけて学会が成長する様を描く。
*学会の関連企業であるシナノ企画と東宝の共同製作だった。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181101-00551123-shincho-ent
11/1(木) 7:31配信





21 名無しさん@恐縮です :2018/11/01(木) 12:49:43.01 ID:t4n2qmZ00.net

>>1
シナノ企画から出てた2作品のDVD廃盤になってるぽいから、東宝が版権とってカタログタイトルで出せば学会員需要で稼げそう


2 名無しさん@恐縮です :2018/11/01(木) 12:39:15.75 ID:7rFWOJiT0.net

学会と橋本のギブ&テイク

学会絡みだから放送されなかった、という意見には映画評論家の白井佳夫氏も同調する。

「*学会が絡んでいるから、映画賞の対象にすらならなかった。テレビで放送されないのも、もちろんそうでしょう。むしろ今回のように、橋本忍追悼としてしか、放送する機会などなかったかもしれません。
今年、橋本さんが亡くなって、新聞各社がコメントを取りに来たときに、ぼくは『人間革命』の話もしたんですよ。それを取り上げたところは1社もなかったくらいだから」

どんな話なのか。

「*学会が絡んでいるというだけで、見たくない人もいるでしょう。
ぼくも宗教は好きじゃないけど、試写室で見たときは驚きましたよ、ちゃんと作品になっていたから。
それに、あの映画に関わった橋本さんはじめ、舛田監督、出演陣も、ほとんど学会員でないというところが面白い。学会もしたたかだった。どこかの宗教団体のように、
全部信者で固めて、誰も見に行かないというものとは違います。
あれだけのキャストを見たら、*学会を知らない人は見たくなるでしょうから。だから、学会は信者でもない橋本さんに好きなように書かせたようです」

信者じゃないからこそ、大胆に書き込んでいるという。

「やけに商才に長けた戸田城聖(丹波)が引き上げ者のヤクザ(渡哲也)と渡り合ったり、“天皇をとるのか! 仏をとるのか!”というような台詞を言わせたりね。
ドラマは後半になると説教臭くなっていくけれど、その内容はともかく、戸田が勉強会(座談会)で説教する中、カットが変わるたびに人数が増えていくことで、組織が巨大化していく様を映像化していたんです。
そんな表現はそれまで見たことがなかったから、橋本さんに直接聞きました。
すると、『参考にしたのはNHKの教育テレビ。スタジオにテーブルとイスだけで、有識者に議論をさせて1時間の番組ができてしまう。
聞かせる人に説得力があればドラマになるわけだ。その手法を映画に使わない手はない』というわけです。橋本さんは橋本さんで、*学会を利用しつつ、面白い作品にしてしまうというところが、怪物シナリオライターたる所以でした」

とはいえ、追悼なら他の作品でもよかったのでは? 

「確かにね。だけど、橋本さんはその後の『砂の器』も『八甲田山』もシナノ企画と組んで作品にしている。『人間革命』で学会の動員力を知ったからですよ。
“○○区の××班の人は、□□劇場の△時の上映を見に行ってください”とやっていたそうだからね」

なんだか、学会の選挙運動みたい……。

「金がかかるのに、客が入るか分からず、大作を渋る映画会社には、シナノ企画がつけば動員が約束されるということで、実現できた作品もあるわけです。
となると、『人間革命』がなければ、その後の大作は生まれなかった可能性もある」

なぜ(高倉)健さん(1931~2014)の『八甲田山』にシナノ企画が絡んでいるのか、疑問だった方もいるだろう。学会をも利用した怪物脚本家の追悼放送、ある意味、相応しいのかもしれない。

週刊新潮WEB取材班

2018年11月1日 掲載


5 名無しさん@恐縮です :2018/11/01(木) 12:41:06.15 ID:LKtsddEg0.net

見たいなこれ


82 名無しさん@恐縮です :2018/11/01(木) 16:29:31.60 ID:S5nITNK60.net

>>5
初めて見たけどめちゃ面白かった。

ネタにしても面白い場面が多々あった。


6 名無しさん@恐縮です :2018/11/01(木) 12:41:19.48 ID:vQ8ROr+00.net

CSじゃなくてBSだけどな


8 名無しさん@恐縮です :2018/11/01(木) 12:41:40.57 ID:RuIYLZXi0.net

まぼろしの湖がよかった


35 名無しさん@恐縮です :2018/11/01(木) 12:55:43.52 ID:ItZ+I9Jz0.net

>>8
まぼろしの湖は俺に*街という未知の世界を教えてくれた名作。


13 名無しさん@恐縮です :2018/11/01(木) 12:46:25.64 ID:FAybD0B00.net

脚本家としては本当にすごかったひとなのに、
監督作「まぼろしの湖」だけで語られる悲哀。でなければ*かよ


20 名無しさん@恐縮です :2018/11/01(木) 12:49:35.84 ID:orrpcB8k0.net

テレビ初放送って地上波じゃないじゃん
視聴者少ないだろ


23 名無しさん@恐縮です :2018/11/01(木) 12:50:33.92 ID:UXhw4tPD0.net

俺は試写会で見た。
映画自体は意外に面白かったよ。

試写会では、当然ながら信者が多くて、戸田城聖役の丹波哲郎への質問コーナーがあり、

信者のオバハンが
「丹波さんは信者にならないんですか?」という身も蓋もない質問をして、会場に一瞬緊張が走った。

しかし丹波はすぐに
「みなさーん、学会は私がトップだったんですから、わざわざ入会する必要はありませーん!」
と、あの口調で答えて場内大爆笑。

場違いな質問にも、余裕で答えて場を和ませるところは、さすがだと感心したね。


83 名無しさん@恐縮です :2018/11/01(木) 16:31:46.70 ID:S5nITNK60.net

>>23
先週初めて見たけど
丹波哲郎さんが宗教家になったら
信者ようけ付くで


89 名無しさん@恐縮です :2018/11/01(木) 17:57:58.26 ID:hAyePHao0.net

>>23
そして最後の締めは念仏唱えたんでしょww


25 名無しさん@恐縮です :2018/11/01(木) 12:51:58.04 ID:thEPQMdl0.net

YouTubeにずっと上がってます。


26 名無しさん@恐縮です :2018/11/01(木) 12:52:00.28 ID:VLwajXyTO.net

10年くらい前まではドラマの監修すらやってたもんね。色んなのやりすぎ感はあるけど


45 名無しさん@恐縮です :2018/11/01(木) 13:07:11.48 ID:b8Or2fFK0.net

それは思う。ちょっと酷いよね。俺は池田さんを擁護するつもりはない。


50 名無しさん@恐縮です :2018/11/01(木) 13:11:42.09 ID:I5qSyIaeO.net

スタッフ見るとめちゃくちゃ観たいw


57 名無しさん@恐縮です :2018/11/01(木) 13:20:24.32 ID:vuWXaki80.net

週刊新潮は月に一回、必ず*学会ネタ載せる決まりでもあるのかな。


58 名無しさん@恐縮です :2018/11/01(木) 13:21:33.58 ID:Ea9Mhsbp0.net

うわぁどこの局で放送すんの


59 名無しさん@恐縮です :2018/11/01(木) 13:28:06.49 ID:YdoncfsN0.net

>>58
CSの日本映画専門チャンネルって書いてあるじゃないか


61 名無しさん@恐縮です :2018/11/01(木) 13:30:55.09 ID:Rsl9dLNq0.net

久本とかと一緒にみたらどうなるん?
朝鮮中央テレビとかに出てくる人みたいなリアクションするん?


69 名無しさん@恐縮です :2018/11/01(木) 14:37:07.81 ID:y0KaQOw50.net

「砂の器」は間違いなく日本映画のベストテンに入る作品


75 名無しさん@恐縮です :2018/11/01(木) 15:41:47.12 ID:clYdGVY40.net

>>69
泣けるし名作だけど、冷静に考えるとツッコミどころたくさんあるよな、砂の器


70 名無しさん@恐縮です :2018/11/01(木) 14:42:25.41 ID:lGTENvOX0.net

昔は公明党の議員がお笑いウルトラクイズに出てたけしに茶化されたりしてたな


76 名無しさん@恐縮です :2018/11/01(木) 15:45:36.59 ID:aHYXQCdV0.net

丹波が*のイベントに招かれた時に
「南無阿弥陀仏」って言っちゃって
会場が凍り付いたやつか


78 名無しさん@恐縮です :2018/11/01(木) 16:04:24.43 ID:tk55Ly4i0.net

前から見たいと思ってた映画。やっと見れた。

学会員にとってはドストライクでいい映画だと思う。
一般人からすると、橋本脚本にしてはダラける展開というか飽きる面もあって、
あれもこれもと入れすぎた感がある。
てっきり池田大作のサクセスストーリーかと思い込んでたが
この2代目会長の主役の話もさして感動ものというレベルではなかった。
全体的に普通という感じ。


80 名無しさん@恐縮です :2018/11/01(木) 16:17:50.46 ID:IURtRsm+0.net

同じ監督と主演のノストラダムスの大予言も放送してくれないかな
これも、放送禁止&自粛作品のひとつなんだよな




相互RSS
ONKYO倒産したから店にONKYOのスピーカーとかもらいに行ったんやが 他
【画像】美人JDさん、中学生と高校生の弟と一緒に風呂に入ってしまうwwwwwwwwwwwwwww 他
ワイ「そうめん専門店開こうかなぁ」なんジョイ民「無理無理w」それではこちらをご覧ください 他
ぼく43歳、会社の24歳の女子にアタックした結果wwwwwwwwwwww 他
【画像】セブンイレブン「だったこれで良いんでしょ!?」おにぎり発売キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!! 他
【動画】厚生労働省さん、元職員にワクチンの嘘を暴露されてしまうwwwwwwwwwwwwwwwww 他
ゼルダbotwとエルデンを両方やったワイの感想 他
息子に誘われサシ飲みしてたら書類を出してきた。そこには、俺と息子は99%の確率で親子関係ではないと…そんなワケあるか、生まれた時から、いや、生まれる前から息子を見てきたんだ! 他
【画像あり】深夜だけどから揚げあげるよ (*゚▽゚)ノ
【解脱】「死んだら仏になる」とかいう謎の理論wwwwww
不気味すぎるwww 池田瑛紗のブログ写真、衝撃の事実が判明!!!!!!【乃木坂46】
海外「夏にピッタリ」「日本の食べ物の中で大好物」外国人も絶賛の夏の風物詩
韓国人「80年代に発売された日本のスマートウォッチを見てみよう」
今だから復活してほしいあのIP!これがあったらプレステが復活するとすればナニ?
【画像】歯科衛生士のお〇ぱいでかすぎやろwwwwwwwwwwwwwwwww 他
おすすめの記事